学校再開に向けて

校長 山田和徳

昨年度末から新型コロナウイルス感染の拡大により、緊急非常事態宣言がなされ長期の休校を余儀なくされました。

その間、入学式や様々な学校行事おいて生徒・保護者の皆さんには、大変なご心配とご不自由をおかけいたしました。

新学期が始まって早二ヶ月が経とうとしておりますが、まだまだ収束の道筋は見えません。学校といたしましても一日も早くもとのように落ち着いた学校生活が送れるようになることを祈るばかりです。

そのような中、皆さまもご存じのように、熊本を含む39県への非常事態宣言が解除され、5月18日から段階的に学校再開が認められることになりました。とは言え、まだ予断を許さない状況に変わりありません。再開にあたっては3密の回避、手洗いうがいの励行、マスク着用の遵守などを徹底し、感染拡大に対して最大限の注意を払いながら、学習の機会回復に努めていきたいと思います。

家庭では勿論、登下校時おきましても衛生、健康面に留意されるようにお願いします。